RISU算数は中学受験にも役立つ!AIで基礎の反復練習が凄い【口コミ体験談】

Review-that-experienced-RISU-math
学び・通信教育

AERA with Kids 2020 夏号に載っていたRISU算数

Review-that-experienced-RISU-math

Review-that-experienced-RISU-math

ちょうど書店で見つけて、読んでいたところだったんです。

オンライン学習が一般的になってきているので
塾に行っていない息子の苦手つぶしや振り返りに使えそうな教材はないかと思って読んでいました。

息子は今中学三年生。

どうして小学生向けの教材を探していたかというと…

息子の苦手が算数で、算数はつまづいた所までさかのぼらないと進めない教科だからです。

苦手意識があると塾に行くのも恥ずかしい年頃です。

わからない所をそのままにしてして小学生時代を過ごしたから
単元ごとでも復習できれば、自信がつくかも!

そうなれば今習っている数学の理解がより深まるんじゃないか…。

こんな淡い期待を持って探していたところに、RISU算数を見付けたんです。

そこで一週間、お試しをしてみることにしました。

保育士歴10年。ただいま調剤薬局事務で働いています。ブログでは新人賞や動画広告賞など多数受賞。
長女は教員試験勉強中の学生です。
子供達には小さいころから通信教育をやらせてきました。

お子さんの算数で悩んでいる方
ほかのタブレット学習でうまくいかなかった方へ。
happyblog限定で特典がありますので覗いてみてくださいね↓

 

クーポンコード「hpy07a」を入れると一週間無料でお試しできます↓

【happyblog限定】RISU算数の一週間お試し登録はこちらから>>

【happyblog限定】年中・年長さん向けのRISUキッズの一週間お試し登録はこちらから>>

RISU算数タブレット、届きました!

Review-that-experienced-RISU-math

 

androidのしっかりしたタブレットが届きました!

 

RISU算数の特徴
・AIが苦手な分野を見付けて、解けるまで類似問題を出してくれる
・タブレットを買わなくても送ってもらえる
・東大生サポートがある

こういうところ、いいですよね!

実は他にも2社のタブレットを検討していたんですが

A社はiPadを自分で用意しないといけないところでちょっと二の足を踏んでいたんです。
B社は音楽が聴けたり本が読めたりといった常に身近に感じられる部分もあるけれど
息子には派手すぎて受講をやめてしまったんです。

RISUはどんな感じなんだろう?
早速やってみましょう。

 

さぁ!電源を入れて実力テストのスタートです

Review-that-experienced-RISU-math

充電をしてから電源を入れてみると
まずはWi-Fi設定画面が出てきます。

Wi-Fi環境は必須です。
タブレットが自動でWi-Fiを拾ってくれるので、PINを入れるだけだったりとカンタンに終わります。
私はものの数分でつなぐことができました。

Wi-Fiがつながると、優しくてかわいい画面が登場です。

タブレットの方から喋ってきたり、動画がスタートしたりはしません。

落ち着いて進めることができますよ!

 

実力テストはやり直しができない大事なテストです【説明書を最初に読めば大丈夫です】

Review-that-experienced-RISU-math

記述ではなく、タッチペンで押していく進め方です。

ペンは先が柔らかいのでコツコツ叩いて押す感じではないです。

取扱説明書はカンタンに読める量になっていて
要点がまとめてあるので最初にサッと読んでお子様に教えてあげるのが実力テストに失敗しないポイントです。

低学年のお子様なら最初に…
・電源の入れ方と切り方
・音量ボタンの位置
・実力テストのやり直しはできない
・時間は1時間程度かかる

この辺りをお話してあげておくとよいでしょう。

わかっていたのに操作ミスで失敗しても、そのあとの進みが早くなるだけなので大丈夫です。

息子は、小学生の問題だからと気楽な反面、わからなかったらどうしよう(笑)と少し緊張気味でスタート!
昔つまずいた単元があるんですって。

息子が実際に実力テストに掛かった時間は30分でした!

小数点の打ち方がわからない、と言いつつ真剣に実力テストに挑戦する息子。

さて、結果は??

 

Review-that-experienced-RISU-math

 

テストが終わって画面が開くと【ここはもうとけるので、おさずに先にすすもう!】と、苦手な単元だけに進めるようになっていました。

4年生あたりでつまづいた単元があるみたい。
もちろん誰しも完璧ではないよね。
算数は積み上げが大事な教科です。
苦手がハッキリしてよかったじゃん!

小数点の打ち方(入力方法)で失敗したものの、本人の苦手とする部分がこれでハッキリ絞れました!

ここからはコツコツとAIの出してくれる問題を解き、身に付けますよ~。

ステージ(単元)をクリアしてくと鍵がもらえたりします

Review-that-experienced-RISU-math

クリアしていく毎にポイントを貯めることができます。
ポイントを景品と交換できるので、頑張れますね。

時々鍵がもらえたりして、3つ鍵を集めるとスペシャル問題に挑戦できるようになっています。

息子は中学生なのでポイントを集めることに必死にはなっていませんが、年中年長や小学生のお子様は燃えると思いますよ。

ポイントが増えるのがただ単純に嬉しいという口コミもちらほら。

問題はどんな感じなの?

お子様それぞれですが、息子の場合、一単元が1時間くらいで終わります。

一日に一時間使っていますよ。

学校で習うような基礎が中心になっていて、引っ掛け問題は無かったので
反復で基礎を身に付けるにはもってこいの教材だと感じました。

コツコツ積み上げていくことで苦手単元が身に付きます。

地道に繰り返して遊び感覚でポイントを貯めたりしながら続けられそうですね。

実際にRISU算数を使っている方の口コミは?

実際にRISUを使っているご家庭で評判もいいようです。

★★★★★
神奈川県:12歳 女の子
文章問題や図形問題が多くてありがたいです

図形問題や文章問題が多くあるので、楽しみながらもしっかり勉強できるのがありがたいです。

★★★★★
東京都:11歳 男の子
ゲーム感覚で出来るのが良かったかもしれません

勉強を「やらされている」感覚がないのが良いですね。ゲーム感覚で出来るのが良かったのかもしれません。

これだったら塾との併用もできるし
つまずいたところまで遡って勉強をし直すことができるので助かりますね!

どちらかというと問題の難易度は他のタブレット学習に比べて高い位置にある方だと感じます。

算数って小学校3~4年生が一気に難しくなる山なんです。

Review-that-experienced-RISU-math

先生からのビデオレターも送られてくるので
つまずいても進めるようになっています。

私も試しに見てみたのですが、ステージのポイントがわかりやすく手短にまとめられていました。

この東大生サポート動画もタブレットの進行状況も保護者のメールに送られてきますよ。

こどもにまかせっきりにならないので安心です。

さすが無学年制。基礎の定着に使えます。

塾と違って通信教育って、こどもに教材を与えておけばできるようになるというのは
そもそも違うんですよね。

私はブログに過去記事で書いたように、通信教育は何社もこどもにやらせてきました。

通信教育って塾のように、やらなければいけないとか
他人の目があるということが無いのでやめてしまうことはカンタンなんです。

算数は特に【積み上げの学習】であり【基礎の定着が大事】なので

小学校の6年間って重要なんですよね。

このタブレット学習は自分のペースで積み上げができるから、例えば不登校でお家で学習しているお子様でもラクに使えそうです。

親御さんが時々は声を掛けてあげたり、褒めてあげるのは子供が何かを続ける力を養うには必要なことです。
ドリルで調べるより効率的で
どこにいても濃い内容の勉強ができるところ、気に入りました!

息子も苦手潰しに集中して反復練習しています!
基礎が分かれば克服できるんです。

通信教育は各社で特徴があるので、合う、合わないはお子さん自身で試してみることが一番です。
コツコツ積み上げて勉強できるので中学受験に役立ちますよ。

happyblog限定でお試し登録特典があります。
興味が出た方は覗いてみてくださいね↓

クーポンコード「hpy07a」を入れると一週間無料お試しできますよ↓

【happyblog限定】RISU算数の一週間お試し登録はこちらから>>

【happyblog限定】年中・年長さん向けのRISUキッズの一週間お試し登録はこちらから>>